5年生 雅楽鑑賞(2月14日)

福岡地区で昔から活動しておられる洋遊会の方々をお招きして雅楽鑑賞会を行いました。中国から伝わったという『越天楽』や、次期天皇即位の式でも演奏されるという『陪臚(ばいろ)』を鑑賞しました。その後の楽器体験では、「篳篥(ひちりき)」や「龍笛(りゅうてき)」、「笙(しょう)」の吹き方を教わり、越天楽の始めの部分をみんなで演奏しました。

子供たちからは、「ひちりきは小さい楽器なのに1番大きな音が出ていてびっくりしました。」「全体的にゆっくりで心が落ち着くような音色でした。太鼓を叩かせてもらったけど、今後は他の楽器も演奏してみたいなと思いました。」など、初めての体験がとても心に残ったようです。3月3日には雅楽の館で洋遊会による演奏会が行われます。是非、聞きにいってみてください。

カテゴリー: 学校行事 パーマリンク