謝恩式(3月7日)

たくさんの保護者の皆様にも参加をいただき、謝恩式が行われました。企画運営は、6年生の子供たち。招待される私たち教職員も、どきどきしながら誘導係の後について会場の体育館へ入りました。

6年生代表のあいさつの後、「仰げば尊し」の合唱と呼びかけ、そして「大切なもの」の合唱。気持ちのこもった歌声、そして素敵なハーモニーが体育館一杯に響きました。

私たち教職員一人一人に、6年生から手紙と素敵なプレゼントが渡されました。

保護者を代表して、PTA学年委員長様から、心温まるご挨拶をいただきました。校長先生は、6年生の子供たちに「ともだち」という詩を紹介し、友達づくり、人間関係づくりを大切にしてほしいとメッセージを贈りました。

最後に、児童代表の「終わりの言葉」で終わり・・・・・のはずだったのですが、教職員から6年生の子供たちに「○○」のサプライズプレゼントがあったとか・・・。

短い時間でしたが、6年生の「感謝」の思いが随所に溢れる、素敵な謝恩式でした。

本日、ご多用の中お越しいただいた保護者の皆様、誠にありがとうございました。

そして、この式を立派に企画運営した6年生の皆さん、ありがとうございました。私たち、教職員にとっても、素敵な思い出になりました。

カテゴリー: 6年生, 児童の様子 パーマリンク