4年生着衣泳(7月13日)

今日の4年生は、赤十字水上安全法指導員の方に、水の中での基本的な浮き方や、服を着て溺れたときの安全な浮き方と救助の仕方を教えてもらいました。

溺れた人を見かけたときは、まず、大きな声で大人を呼ぶこと、そして、身の回りにあるものを救助に活用することを教えてもらいました。

溺れた場合を想定して、両手足を広げて仰向けにして浮いて待つ練習をしました。

 

紐の付いたポリタンクを利用して救助している様子です。

着衣泳の経験から水着と洋服の感覚の違いに気付く子供も多かったです。

この夏も水の事故に気を付けて生活してほしいと思います。

カテゴリー: 4年生, 児童の様子 パーマリンク