5年生 保健「けがの防止」の学習

12月5日(水)

5年3組が養護教諭と一緒に保健の学習を行いました。

養護教諭からけがの手当ての三原則「傷口を清潔にする」「止血する」「冷やす」について説明を受けた後、グループに分かれてけがの手当ての模擬実習を行いました。

 

友達と仲良くけがの手当てをし合う姿がみられ、ほほえましかったです。

「友達に優しく接してもらってうれしかった」という感想も聞かれました。

「けが」をしないことを願っていますが、もしも「けが」をしたときには、今日のことを思い出して応急処置ができるといいですね。

カテゴリー: 5年生, 保健室 パーマリンク