今日のおいしい給食

2月12日(火)

献立は、豚肉とナッツの甘味噌がらめ、小松菜と生椎茸のひたし、おでん、ごはん、牛乳でした。

【一口メモ】

今日は、おでんに入っているこんにゃくの効用をご紹介。

こんにゃくは昔から「おなかの砂おろし」「胃のほうき」などと言われてきました。これは、「食物繊維の豊富なこんにゃくを食べることで、体に不必要なものを掃除する」という意味です。また、こんにゃくにはカロリーがほとんどありません。

そのため、肥満防止や生活習慣病の予防、便秘解消、カルシウム摂取、コレステロール値の正常化等、現代人にとってありがたい食材です。

子供のおやつに、たまには「こんにゃく」というのもいいかもしれませんね。

カテゴリー: 給食室 パーマリンク