謝恩式(3月6日)

本日、謝恩式が行われました。
子供たちのリコーダー演奏が響き渡る中、教職員は入場しました。

6年生代表の挨拶で式が始まりました。

6年生から教職員へ感謝の気持ちを伝える呼びかけがあり、その後の合唱「仰げば尊し」「ひろい世界へ」では、気持ちのこもった声が体育館中に響きました。

続いて、教職員一人一人に感謝の手紙とプレゼントが渡されました。

保護者を代表してPTA6学年委員長様から、心温まるお言葉をいただきました。

校長先生からは、平成最後の卒業生に向けて6年間のこれまでの取組への労いと、卒業前の今こそ小学校生活を振り返りましょうという話がありました。

また、保護者の皆様へ6年間協力していただいたお礼の言葉がありました。

6年生の心を尽くした式に対するお礼として、教職員全員で「翼をください」を合唱しました。

短い時間でしたが、6年生の思いに満ちた、素敵な謝恩式でした。

保護者の皆様、ご多用の中、多数のご参加をいただき、本当にありがとうございました。

そして、この式を企画・運営してくれた6年生の皆さん、本当にありがとうございました。

私たち教職員にとっても、素敵な思い出となりました。

卒業まで学校へ来る日は、あと9日・・・。

カテゴリー: 6年生 パーマリンク