今日のおいしい給食

7月5日(金)

献立は、手巻きずし、アーモンドあえ、七夕汁、七夕ゼリー、すしごはん、牛乳でした。

今日の給食は、七夕献立でした。

七夕は、天の川をはさんでいつもは離れ離れの彦星と織姫が、1年に1度だけ会えるという中国の伝説が始まりとされています。日本においては、江戸時代から短冊に願い事を書くようになったそうです。戸出地区では7月3日から7日まで、戸出七夕まつりが開催されています。18メートルのジャンボ七夕や、大小1500本の七夕飾りが並べられ、賑やかな七夕のトンネルが続いていて、とてもきれいです。

今日の七夕汁は、そうめんを天の川や、織姫がつむぐ糸に見立ててあります。玉ねぎ、人参、しいたけは短冊でオクラは星をイメージしています。夜空の星の美しさを思い浮かべながら食べました。ご飯も七夕に合わせて手巻き寿司でした。卵焼き、納豆をのせて楽しく食べました。

カテゴリー: 給食室 パーマリンク