6年生 ものづくり・デザイン科 古味づけ

7月11日(木)

6年生の「彫刻塗り」もいよいよ最終工程になりました。

今日は彩色した天板を水研ぎし、コンパウントで磨きました。

講師の木津先生に出来具合を見てもらいながら作業を進めていきました。

 

その後、古味(ふるび)という茶色の粉をふりかけました。

古味を付けることによって彫刻に陰影がつき、立体感と艶が出るそうです。

最後にもう一度磨いて完成です。

 

今日が講師の木津先生から指導を受ける最後の日でした。

暑い中、丁寧に教えていただきありがとうございました。

できあがった作品は学習発表会で展示します。

お楽しみに!

カテゴリー: 6年生 パーマリンク