5年生 分母が異なる分数の計算の仕方を考えよう!

9月28日(月)

5年生は、算数の時間に、分母が異なる分数のたし算・ひき算の計算の仕方を、いろいろと考えました。

分母が同じ分数のたし算・ひき算は、分母の数はそのままで、分子のたし算・ひき算をして、答えを求めることができます。

また、分数の分母と分子に、同じ数をかけることで、元の分数と同じ大きさの分数を作ることができます。

すなわち、分母が異なる分数のたし算・ひき算は、分母の数を同じにすれば、計算することができそうです。みなさんは、計算の仕方がわかりましたか。

カテゴリー: 5年生 パーマリンク